冷蔵庫 搬入 費用

冷蔵庫の搬入費用を格安にする方法

引越し 冷蔵庫 配送

引越し 冷蔵庫 輸送

引越し 冷蔵庫 郵送

引越し 冷蔵庫 運ぶ

 

 

大きくて重い冷蔵庫は、搬入するのが大変です。
ちょっと動かすだけでも、素人には重労働ですね。

 

そんな冷蔵庫の搬入をできるだけ格安で行う方法を教えます。
冷蔵庫の搬入は、必ず引っ越し業者に依頼しましょう。

 

引越し 冷蔵庫 安い

 

相手はプロです。
冷蔵庫の運び方はもちろん、物件を傷付けない工夫、狭い廊下や段差のある玄関への対応、窓からの搬入などあらゆることを想定しながら作業してくれます。

 

あと気になるのが料金ですが、これは引っ越し業者一括見積もりサイトからの見積もりで格安にできます。

 

 

やはり複数の業者を比べて、競争してもらうことで費用を下げることが出来ます。

 

簡単で便利なのに、見積もりは無料ですから、ぜひご活用くださいね。

 

 

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。3つでも3分。最もお得にしよう!!

SUUMO引越し

電話番号入力不要!

見積もりしておけば、あなたの都合のいい時間にメールや電話で連絡できるので、時間を気にしなくていい
・クロネコヤマトの引越が人気
クロネコヤマト

引越し達人

・なんと最大55%安くなる!
30秒のかんたん見積もり
・引越し手続きガイド プレゼント

 

 

引越し業者には繁忙期がある

 

引越し 繁忙期

 

引越し業者には繁忙期があります。
この時期は全国どこの引越し業者も忙しく、引越し料金も通常期よりも高めに設定されています。

 

では繁忙期とはいつのことでどうして忙しくなるのでしょうか?

 

引越し業者の繁忙期とはズバリ3月前後のことです。
細かく言うと、2月の終わりから4月の頭にかけて繁忙期は続きます。

 

引越し業者が3月に繁忙期を迎える理由はいくつかあります。

 

まず4月の新学期を前に新大学生や新社会人が大学や会社に通うために近くに引越しをするからです。
さらに春は企業の人事異動もあるので、転勤となったサラリーマンとその家族、単身赴任のサラリーマンの引越しもこれに重なります。

 

そして普通の引越しもありますね。

 

つまりこれだけの人が引越しする理由があるわけですから、引越し業者は忙しくなるわけです。
引越し業者だってスタッフを増員したり、何回も現場を回ったり、残業をしたりと頑張りますが、すべての依頼を引き受けることができない日もあります。

 

最近は特に物流の変化とトラック運転手不足から、なかなか予約が取れなくなっていると聞きます。

 

ですからもし繁忙期に引越しをするなら、新居が決まったらすぐに複数の業者に見積もりを依頼して一番条件の良い引越し業者と契約しておきましょう。
この時期の引越しはスピードが命です。

 

 

電気・ガス・水道の手続き

 

引っ越しの手順

 

引っ越し後すぐにご利用できるように光熱費の手続きをしっかりとっていきましょう。

 

電気

電気では、賃貸の場合事前に連絡を取っていれば既に電気が開通されているかもしれません。ブレーカーをONにして頂ければすぐにでも確認できるでしょう。電気の料金は使い始めた時からの請求になります。

 

ガス

ガスでは、賃貸の場合、新住居の大家さんか不動産業者がガス会社に登録してくれているかもしれません。ただ、入居時すぐにガスが使えることは少ないでしょう。最近ではすぐ使えるサービスもあるようです。不動産業者、大家さんに確認してみましょう。新住居に引っ越しますと、台所又はガス台にガス会社からの書類が置いてありますので、その書類に記載されている電話に連絡しましょう。指定した日時にガス業者立ち会いの元、その時に取り扱い説明を聞きましょう。新住居にガス台が備え付けられていない場合、その時はご自身が用意します。ガスの種類に注意してガス台をセットしておきましょう。ガスのホースがない場合もあります。これもガス台や元栓の種類によって異なりますので、お気をつけて用意してください。それらを用意した上で業者を呼び、使用できる状態にしてもらいましょう。

 

水道

水道では、住む所によって水道企業局か市区町村役場のどちらかに連絡をとる必要があります。引っ越しの3?4日前に開始の連絡を入れます。申し込みが済んでいて水が出ない場合は、水道メーター付近のバルブがしまっている場合がありますので、それを開いてください。時計回りとは反対方向に一杯回してください。又は、水道局の指示道理の行動をしてください。

 

 

引越しのオプションとは?

 

引越し オプション

 

引越し業者には有料オプションというサービスがありますが、どんなことをしてくれるものなのでしょうか?

 

以下のようなものが、有料のオプションサービスです。

 

@エアコンの取り付け・取り外し
Aテレビの取り付け・取り外し
Bハウスクリーニング
C車の陸送
Dピアノの運搬
Eペットの運搬
F殺虫サービス
G荷物の一時保管

 

これらはすべての人が必要なサービスではありませんが、あると助かりますね。
オプションサービスは引越し業者によって内容が異なり、引越し業者を選ぶポイントの一つにもなります。

 

さてこの中で依頼が多いのが「エアコンの移設」です。
エアコンは高価な家電ですから、自分で取り付けたのなら新居にも持って行きたいと思うのが当然です。
しかしエアコンの設置は外にも配管があるため素人では難しいです。

 

そこで引越し業者にオプションで依頼しておけば、エアコンの移設を手配してくれます。

 

もちろん自分でやってもいいのですが引越しの前と後に2回手配しなければなりませんし、費用もさほど変わらないのであればオプションを依頼したほうが楽です。

 

車の陸送もそうです。
自分で運転して新居まで運べたらいいのですが、仕事が忙しい・運転が苦手・高速が不慣れ・長距離を走る体力がないなどの理由で遠距離は運べないこともあります。

 

それが引越し業者に依頼できるのであれば嬉しいですね。
このように一部の人にはとても便利な事柄がオプションサービスとなっているのです。

 

 

冷蔵庫をレンタカーで運ぶ

 

引越し 冷蔵庫 レンタカー

 

軽トラックをレンタルして引越し作業を自分で行った場合、引越し業者に依頼するときよりも費用が安くなるのでしょうか?

 

まずレンタカーでの引越しにはいくつか条件があります。

 

@距離が近いこと A荷物が少ないこと B人手があること

 

新居が遠いとレンタカーでの引越しは物理的に難しいですし、費用も安上がりとは言えません。
レンタカーは借りた場所と返す場所を変えることが出来ますが、その距離が遠いほど手数料が高くなるからです。
それにガソリンも満タンにして返却しなければいけませんので、遠いと自分で運ぶメリットが少ないです。

 

それに素人だけで冷蔵庫など重くて大きな家電を上手に積み込むのは難しく、レンタカーでの運搬中に背の高い冷蔵庫が倒れるんじゃないかと思うととても怖くてスピードも出せません。
精神的にも肉体的にもかなり大変ですから、レンタカーでの遠距離引越しはオススメできません。

 

新居までの距離が近い場合は、レンタカーでの引越しもオススメできます。
しかしこの場合でも、手伝ってくれる人が2〜3人必要です。

 

例えばタンスや洗濯機、冷蔵庫など大きなものは人手がないとトラックに積み込めません。

 

本題ですが、レンタカーでの引越しは安いのでしょうか?

 

トラックのレンタル料は【基本料金+燃料代+保険料+その他】で、7000〜10000円くらいです。
これにガソリン代と友達への謝礼・お弁当・お茶代などがかかりますので、これだけで済むなら安いと言えますね。

 

しかし注意しないといけないこともあります。

 

もし引っ越しの最中に家具や家電を落として破損しても、弁償されません。
補償がないこと、賃貸物件は壁や床を傷付けたら修繕費が高くなることです。

 

ですから無理矢理引きずって重い家具を動かしたりしないようにしてくださいね。

 

レンタカーでの引越しは近場であればお得ですが、場合によっては引越し業者に依頼するのとさほど変わらない場合もあります。
比較のためにも見積もりを取ってみるといいかと思います。

 

 

引越しでの粗大ごみの処分

 

引越し 粗大ごみ

 

長く住むとどうしても家電が壊れたり、家具が傷んだりして不要品がたくさん出ますね。
小さなものはゴミカレンダーを見ながら細々と処分することができますが、大きな家具や家電はそうはいきません。

 

大きな家財を捨てる場合は、家電リサイクル法で定められた電化製品以外は粗大ごみとなります。

 

家電リサイクル法で定められた家電というのは、エアコン・テレビ(ブラウン管、液晶・プラズマ)・冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機などです。
これらを処分したいときは家電を購入した家電量販店でのリサイクルが必要です。
しかしネットで買った人もいますし、すでに引越ししてお店が近くないこともありますね。その場合は、お住いの自治体に相談してみましょう。

 

では、粗大ごみはどうやって廃棄すればいいのでしょう?
粗大ごみは@回収に来てもらう(有料)、A自分で持って行く(無料)という2つの方法があります。

 

@の回収方法は、まず粗大ごみの処理施設に電話で回収日を予約します。
処理場の名前はリサイクルセンターやリサイクルプラザなど自治体によって異なります。

 

予約が出来たらコンビニで粗大ごみシールを貰います。
このシールを粗大ごみに貼って指定された時間に指定場所に家電を置いておけば、回収業者が回収に来てくれます。
この「粗大ごみ」シールは粗大ごみ1個につき1枚必要です。ついでに持って帰ってはくれません。

 

Aの自分で持って行く場合でも、まずは電話で予約します。
その時に捨てたいものの名前や個数など聞かれますので、メモなどを作っておきましょう。
あとは指定された時間に処理施設に持って行くだけです。
この場合はごみシールは必要ありません。

 

このように大きなゴミは簡単に捨てることができませんので、引越し作業は早めに行いましょう。