仮住まい 引越し

仮住まいへの引越し

引越し 仮住まい

 

家のリフォームや建て替えの時は、仮住まいにしばらく入居する必要があります。
この場合の引越しは家財を2回移動させなければなりませんから、やはりどうしても費用がかさみます。

 

費用を減らすために、できるだけ不用品を減らして下さい。

 

さて一軒家に入っていた家財のすべてを仮住まいに持って行くとなると、かなり広い物件を探す必要があります。
広い賃貸物件になると、当然家賃も高くなり不経済です。

 

しばらくレンタル倉庫を借りて家財を保管するという方法もあります。
しかし倉庫を借りるには2ヶ月分の保証金、1ヶ月分の手数料、当月と翌月分の使用料、当月と翌月分の共益費、引き落とし手数料などいろいろな費用がかかり、これまた不経済です。

 

そこでおすすめするのが、引越し業者の一時預かりサービスです。

 

引越し業者には有料のオプションがあり、その中に家財を一時的に預かるサービスがあります。
保管期間に応じた保管料と、入庫や出庫の際にかかる運搬作業費などの費用はかかりますが、レンタル倉庫を借りるより手間は格段に少ないです。

 

ただし此のサービスを行っているのは一部の引越し業者だけです。
しかもすべてのエリアで行われているサービスではないので、利用されたい方は早めにお問い合わせください。